• 鈴木 詩織

5年生のママ☆本人の性格を踏まえたうえでの声掛けの仕方が少し分りました

今日は、個別相談を受けられたHさん(小学5年生のお母さん)からの

感想をご紹介します。



ーーーーーーーーここからーーーーーーーー



子どもの中学受験に関して困りごとがあった時に、

たまたまインターネットで目にして、

個別相談を申し込みました。




学習全般、効率が悪い仕方をしていて成績も上がらず、

時間がもったいないと思っていました。




なんとかして少しでも成績を上げないと、

本人のやる気も起きず

自力では難しいなと思っていました。




個別相談を受けて、

本人の性格を踏まえたうえでの声掛けの仕方

少しわかったような気がします。

なかなか実践は難しいですが…。




学歴などからもっと硬い感じの方かと思っていましたが、

思っていたより柔らかい雰囲気で話しやすかったです。




我が子が自主的に勉強を進めていけるようにしたい方に、

このサービスをオススメしたいです。



ーーーーーーーーここまでーーーーーーーー




Hさんは、ご自身も中学受験をされていて、

「もっとこうしたら勉強ができるようになるのに」

と分かってらっしゃるのですが、

それがなかなかお子さんに伝わらない、

ということにお悩みでした。




伝えようとすると喧嘩になってしまうので

本人主導でやらせてみたら、

成績がガクーンと落ちる・・・

一体どうしたら???

と困ってらっしゃいました。




個別相談では親子の性格診断をそれぞれ

させてもらいますが、

お母さんは「完璧にやりたい」タイプ、

お子さんは「個性を大切にする」タイプでした。




本来この関係は、

お母さんのタイプを取り入れることで

お子さんが成長していくという、

とても良い組み合わせです。




ただ、

「正しいことをやるのが当たり前」という

原動力で動けるお母さんと違って、

お子さんは、「心が動いたこと・感動したこと」から

自分の感情を原動力に動くタイプなので、




正論で導こうとするお母さんに対して、

反発の気持ちが生まれやすいのも

この組み合わせです。




しかも、お子さんの反発は、

「それ、やりたくない!!」という反発ではなくて

「確かにお母さんがいうことが理想だし、

私もやりたいのに、できないの!!」

という反発です。




お母さんもお子さんも、

性格を変えることはできないので、

すぐに関係が変化するということはありません。




ただ、お互いがそれぞれのこだわりを理解し合い、

一緒にいて心地良い関係が築ければ、

親子がチームとなって、

大きな目標に対して一緒に動けるようになります。




今後のHさん親子の成長が

とても楽しみです^^



○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━ 9つのタイプ別 勉強嫌いの子が自ら机に向かう! オンライン個別相談

1月【残1名】募集中! 詳細・申込はこちらから https://peraichi.com/landing_pages/view/ouchijuken201910 ━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

©2019 by おうち受験コーチング。Wix.com で作成されました。