• 鈴木 詩織

中3生が9月にやるべき2つのこと


夏休みに毎日5時間・10時間と

勉強した受験生の皆さん、

9月に入って少しダラけていませんか?


夏休みにあんなに勉強して、

基礎はかなりやり込んだ。


秋から一体、何をやったら良いの?


そんな3年生の皆さんに

気をつけてやってほしいことが2つあります。







1つ目は、

中間テストの対策をいつもより早めに始めること


2学期は、中学生活の中でも一番、

定期テストが難しくなる時期です。


3年生だと、2学期から実力問題

(=習った範囲ではなくて、受験で

出てくるような新出問題)が出る教科も

あります。


そこまで対策するなら、

いつもと同じ時間では、

間に合いません!


だから、前倒しでテスト勉強を始めておきましょう。


2つ目は、

入試の実践演習を始めること


毎日4時間勉強時間が取れるなら、

2時間は学校の予習復習にあて、

2時間は入試対策に充てるようにしましょう。


入試対策の問題集は、2つやり方があります。


1つ目は、単元別に演習をするやり方

2つ目は、年度別に過去問を演習するやり方


苦手な単元があったり、

まだ実力に不安がある場合は、

迷わず単元別の演習をしましょう。


その時に使うのが、

過去問(もしくはその類題)を

単元別に並べた問題集です!


なぜそれをすると良いかというと、

得点源にしたい単元や、苦手な単元を

過去問の形式に合わせて演習して、

確実に点数につなげることができるからです。


もう一つの、年度別に過去問を演習する

やり方は、単元別の演習が終わった後や、

全体的に実力がついていて、

最終的に5点・10点を上乗せする時に行います。


より本番に近い形式で学習するということですね。


ぜひやってみてくださいね。



11回の閲覧

©2019 by おうち受験コーチング。Wix.com で作成されました。