top of page

中3の12月の段階で、bとdの区別がつきませんでした

もう10年くらい前でしょうか。

ある年のクリスマスに 中学3年生の男の子の学習相談に伺いました。

受験まであと1ヶ月しかないのに、 本命の私立高校まで、 偏差値が15も足りていません。



私はまず、 偏差値だけでは分からない、 学力の傾向が知りたいと思って、 テストの解答用紙を見せてもらい、 さらにいくつか質問をしました。

解答用紙から、 もしかして・・・と思った私は、 「アルファベットの小文字を Aから順に書いてみて」 と伝えました。

そうしたら・・・

bとdのところで迷い始めたのです。

r以降も、書けはするけれど 順番が怪しい・・・

それをみてご両親は、 顔から血の気がサーッと引いていきました。

というのも、その子は、 小学5年生から塾に通っていたのです。

しかも、集団塾ではなくて、 1対4くらいの個別指導塾です。

その塾に、小学生から週3−4回通い、 夏休みにはほぼ毎日授業を入れて頑張っていました。

それなのに、誰も

「アルファベットが書けていない」 ということに気づかない。

いや、気づいていたのかもしれませんが、 誰もそこに手を打とうとしていませんでした。

勉強のやり方もメチャクチャ、 行きたい高校はあるけど勉強はしたくないという この子をお預かりして、

一月で偏差値を10上げて、 なんとか第二志望の高校へは 合格することができました。

何をお伝えしたかったのかというと、 「塾にお任せ」 じゃダメですよ、ということ。

塾に行かせるとしても、 何の目的で行かせるのか、 子どもに合っているのか、 そういうことを考えて、

進捗の管理は、 塾ではなくて親の方でしないと、 大損することになります。 (このご家庭は、夏期講習だけで 100万円払ってます)

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page