©2019 by おうち受験コーチング。Wix.com で作成されました。

  • 鈴木 詩織

「言うこと聞かない」中学生の娘に、どんな対応してますか?

もう10年以上前、

私が「学習プランナー」という仕事を始めて

2年くらい経ったある日のことです。



ある女子中学生のお宅に学習相談で伺っていた時に、

その女の子にこんなことを言い放ったことがあります。



「このやり方で勉強して、合格しなかったら、

私のこと殴っていいよ!!」 





なぜそんな状況になったのか?



その女子中学生は、つい先日英検3級に落ちたばかり。




学習相談で勉強のやり方を聞いてみると、

「ソレじゃいくらなんでも、

受からないでしょ」

というお粗末なものでした。



私の前で、娘さんを言葉で

追い詰めるお母さん。



若かった私は、

同じようなテンションで

お子さんに畳みかけてしまいました。



すると、

どんどんムクれていく娘さん。



合格はしたいけど、

ママや先生の言うことは聞きたくない・・・




優しい言葉も、励ます言葉も、

恐怖をあおる言葉も、夢を見させる言葉も

もはや通用しません。    



   

しばらく、膠着状態が続きました。




これ以上、今この子の心を開くのは

無理だと悟った私は、




「分かった!

今からいうやり方をやって、

もし受からなかったら、

私のこと殴っていいから!


だまされたと思って、

一回このやり方でやってみて!!」




と、たんかを切って、

おうちを出ていきました。






そして数週間後、

お母さんから事務所に連絡が入りました。




「英検3級、無事合格しました!!」

という喜びの電話です。




ああ、良かった。




私はほっとしました。



・・・殴られなくて

じゃなくて(笑)




娘さんが

【自分で気持ちを整理して、

一生懸命取り組んだ】

というのが分かったから、

本当に良かったと思ったんです。





親や教師の仕事は、

その子が持っている力を

最大限に発揮できるようにサポートすること。




そのためだったら、

反面教師にもなります。 




試験で合格できたのは

完全に本人の力です。




ママや教師に何を言われたかというのは、

忘れてしまってもいいし、

恩なんて感じなくていい。




必要な言葉をかけて 

子どもが【自ら動き出す】きっかけと

環境を作ってあげたら、あとは見守る。

それが、親や教師の役割だと思います。

10回の閲覧